最新お役立ち情報.com

最新のトレンド情報、生活に役立つ情報をご紹介します

follow us in feedly

問題解決

エナジードリンク飲み過ぎで?カフェイン中毒症状や発症量は?カフェインレス飲料?」

今年2015年12月、国内初の衝撃のニュースがありました。それは・・・

 

エナジードリンクの大量摂取が原因のカフェイン中毒…。

 

都市伝説ではないかと今まで噂されてきた

「エナジードリンクを飲み過ぎるとカフェイン中毒になる。」という話。

どうやら現実だったようです。

 

今回の記事では、エナジードリンク大量摂取のニュース内容や、

原因とされている「カフェイン中毒」について、

また、カフェインレス飲料などの商品についても調べましたので

情報をシェアしたいと思います。

今回分かる事はこの3点です。

①エナジードリンク飲み過ぎでまさか!その内容は?
⇨カフェイン中毒ニュースの顛末を調べてみました。

②カフェイン中毒症状や発症する量は?
⇨症状や、中毒になる量はコーヒー何杯分か調べました。

③カフェインレス飲料って何?
⇨実はカフェインが入っていないコーヒーや緑茶もあるんです。ご紹介します。

スポンサードリンク

 

エナジードリンク飲み過ぎでまさか!その内容は?

image-0-compressed

エナジードリンクの飲み過ぎで・・・。

ちょっと衝撃的なニュースで皆さんビックリしましたよね。

 

このニュースは、2015年に九州地方での事。

24時間営業のガソリンスタンドで深夜から早朝にかけて

勤務している20代の男性が

帰宅後にもどしてしまい、寝込んでいたところ容態が急変

救急搬送されたが手遅れだった、というもの。

 

この男性は眠気を覚ますために

エナジードリンク(眠気覚し系ドリンク)や錠剤を

日頃から頻繁に飲んでいたそうで、

解剖の結果、カフェイン過剰摂取によるカフェイン中毒が

原因とされたそうです。

 

日本でこのようなカフェイン中毒が原因によるものは

初めてだそうです。

 

カフェイン中毒症状や発症する量は?

image-1-compressed

ちょっと恐ろしいカフェイン中毒。

一体どのような症状なんでしょうか?

 

症状について

カフェインを大量に摂取すると

  • 不整脈
  • 不眠
  • 胃腸障害
  • 吐き気や嘔吐
  • 利尿作用による脱水症状
  • 精神錯乱
  • パニック発作

などの症状が発生します。

 

通常の飲み方であれば全く問題ないんですが、

短時間に何本も大量に飲んだり

アルコールと一緒に飲んだりすると

中毒症状を引き起こすので注意しましょう。

 

またカフェインは摂取量を増やしていかないと

耐性ができて効かなくなるところも

大量摂取に拍車をかける要因の一つです。

 

カフェイン中毒になる量は?

実は日本国内では、食品中のカフェイン摂取許容量は

決められていないそうです。

 

海外の機関が勧告している量を参考にすると、

  • 成人1日当たり:400ミリグラム
  • 妊婦1日当たり:200〜300ミリグラム
  • 子供(4〜6歳)1日当たり:45ミリグラム

ちなみに具体的な分量で言うと、

  • コーヒーマグカップ3杯分で、カフェイン400ミリグラム
  • コーヒーマグカップ2杯分で、カフェイン200〜300ミリグラム
  • 355ml缶(炭酸飲料が入っている缶)1本分で、カフェイン45ミリグラム

 

風邪薬などの医薬品でも1回200ミリグラムで

1日上限が500ミリグラムとのこと。

 

国内販売されているエナジードリンクの

カフェイン含有量はだいたい200ミリグラムだそうなので

小さいお子様が飲んでしまうと

1本で摂取許容量オーバーしてしまいます。

充分に注意して下さいね。

 

カフェインレス飲料って何?

image-2-compressed

カフェインはエナジードリンクやコーヒーに入っている事は

ご存知だと思いますが、それだけではありません。

実は様々な飲み物にカフェインは含有しているんです。

 

それぞれの飲み物の

一杯当たりのカフェイン含有量を見てみましょう。

  • 玉露:50ミリグラム
  • コーラ:50ミリグラム
  • 抹茶:45ミリグラム
  • ココア:45ミリグラム
  • 紅茶:30ミリグラム
  • ほうじ茶:30ミリグラム
  • ウーロン茶:30ミリグラム
  • 緑茶:30ミリグラム
  • 玄米茶:30ミリグラム

となっています。玉露が結構多く含まれているんですね。

 

やはり小さいお子様がいるご家庭や

妊婦の方はなるべくカフェインの入っていない飲み物を

選んだほうがいいですね。

 

市販のお茶でいうと、

十六茶(アサヒ)や六条麦茶(アサヒ)、爽健美茶(コカコーラ)、

カフェインゼロ生茶(キリン)などには

カフェインが入っていません。

 

【アサヒ:十六茶】

【アサヒ:六条麦茶】

【コカコーラ:爽健美茶】

【キリン:カフェインゼロ生茶】

 

実は今、健康志向の高まりなどから

若い女性やシニア層の方にもカフェインレスの

コーヒーや緑茶が人気となっているそうです。

この機会にカフェインレス飲料などに変えてみては

いかがですか?

▽▽▽カフェインレスのコーヒーならコチラがオススメです!▽▽▽


 

まとめ

今回はカフェイン中毒に関するニュース内容や情報をご紹介

しました。

やはり何事も取り過ぎは良くないですね。

上手にカフェインと付き合っていきましょう。

スポンサードリンク

-問題解決