最新お役立ち情報.com

最新のトレンド情報、生活に役立つ情報をご紹介します

follow us in feedly

問題解決 家電

消費税10パーセントを一瞬で計算する?驚きの方法公開

消費税10%を一瞬で?驚きの計算方法を公開
管理人のホリウチです。

今回は消費税10%の計算について
考察してみます。
 

2019年10月1日より
消費税が10%になりますね。

今まで消費税の計算は
何とな〜くでやってきた方、
このタイミングでしっかり計算の仕方を
覚えてしまいませんか?
 

消費税10%の計算は非常に簡単で、
コツさえ掴んでしまえば
パッと一瞬で計算出来てしまいますよ。

せっかくなのでこの機会に
覚えてしまって、
楽々計算出来る人生を歩みましょうよ。
 

というわけで今回は、
消費税10%を一瞬で計算出来る
簡単なコツをご紹介します。
 

スポンサードリンク

消費税って何?

消費税10%の計算方法の前に、
「消費税とは何なのか?」
を理解しましょう。

消費税とは、
全ての物品やサービスに課税される
「間接税」と言われるものです。
 

1989年に3%で始まった消費税は、

1997年に5%

2014年に8%

2019年に10%
と、増税されています。
 

消費税と一言で言っても
全て国が使う訳でなく、
国税と地方消費税に別けて使われます。

国税の主な使用用途は、
年金・医療・介護・子育て支援などの
社会保障。

地方消費税の使用用途は
保育所の建設、学校の運営、
老人ホーム建設、水道の運営など
地方の福祉医療、整備、学校関連費用に
使われます。
 

元々、社会保障の充実を公約として
増税されるので、
このような用途で使われるんですね。

逆にいうと、
増税しなければやっていけない程
社会保障費がひっ迫している訳です。

そして
あなたがお店で払った消費税は、
お店側が国に収めます。
 

ちなみにこの消費税10%の事を、
「標準税率」と言います。

食料品やテイクアウト商品、
有料老人ホームでの食事、新聞などは
消費税8%のままです。

この消費税8%を「軽減税率」と言います。

軽減税率8%の計算は
こちらの記事をご覧下さい。

消費税の計算を電卓で行う方法は?これでもう慌てない!

消費税の基本的な仕組みは
分かりましたか?

それを踏まえた上で、
 

税込価格を出すには?

まず税抜き価格から
消費税10%の税込価格を計算する方法を
ご紹介します。

計算方法は以下の通りです。
税抜き価格×1.1=税込価格
 

この10%の計算で出てくる
「1.1」
とは何のことなんでしょうか?

これは、
「税抜き価格1円の時の税込価格」
のこと。
 

つまり
税抜き1円の時に税込1.1円
ですから、例えば
税抜き価格150円の税込価格は
1.1を掛ければ165円ですよね。
(1.1円を150倍したとも言える)

対比の計算で出してみると、
税抜き1円:税込1.1円=税抜き150円:税込?円
税抜き1円×税込?円=税込1.1円×税抜き150円
税込?円=税込1.1円×税抜き150円
税込?円=165円

1.1の意味は分かりましたか?
 

税込価格から税抜き価格を出すには?

税込価格から税抜き価格を出すには
どうしたらいいんでしょうか?
 

今度は税込の時の逆をします。
税込価格÷1.1=税抜き価格

これで税抜き価格が出せます。
 

先程の例で言うと
税込165円の税抜き価格は、
165÷1.1=150
 

税抜き価格から税額だけ求める

税抜き価格から税額だけを出すには、

税抜き価格×1.1=税込価格
税込価格-税抜き価格=税額
となります。

これを1つの式にすると、
(税抜き価格×1.1)-税抜き価格=税額

先程の例だと
(150×1.1)-150=15
 

もう少し簡単にすることも
出来ます。

税抜き価格1円の時
税込価格1.1円ということは、
税額は0.1円ですね。

それを踏まえて、

税抜き価格から税額だけ出すには
税抜き価格×0.1=税額
となります。

先程の例だと、
150円×0.1=15円
 

別のアプローチをしてみます。

税抜き価格1円の中には
税額0.1円が10個ありますよね。

ということは、
税抜き価格を10個に分けたうちの1つが
税額と考えることも出来ます。

なので税抜き価格を10で割っても
OKです。
税抜き価格÷10=税額

先程の例だと、
150÷10=15
 

税込価格から税額だけ求める

税込価格から税額だけ出すには、

税込価格÷1.1=税抜き価格
税込価格-税抜き価格=税額
となります。

これを一つの式にすると
税込価格-(税込価格÷1.1)=税額

先程の例だと、
150-(165÷1.1)=15
 

または
税込価格÷1.1=税抜き価格
税抜き価格×0.1=税額

これを1つの式にすると、
(税込価格÷1.1)×0.1=税額

先程の例だと、
(165÷1.1)×0.1=15
 

両方に言えることとして

  • 税込価格-(税込価格÷1.1)=税額
  • 税込価格÷1.1×0.1=税額

どちらの場合も
まず税抜き価格を出してから
税額を出しています。
 

または別のアプローチとして、
税込価格1.1円の中に税額0.1円が
11個ありますよね。

ということは
税込価格を11個に割ければ
うち1個が税額になります。

つまり
税込価格÷11=税額

例に当てはめると、
165÷11=15

スポンサードリンク

一瞬で計算する方法とは?

お待たせしました。
パッと一瞬で税額を計算する方法を
お伝えしましょう。
 

もうご存知の方も多いと思いますが、
10%を出すのは簡単です。

「税抜き価格の下1桁減らすと出せる」

コレで税額10%は一瞬で出せますね。
 

税込価格を出すにもコツがあります。

税抜き価格に1.1を掛ると
難しく感じます。
でも下1桁減らした数に税抜き価格を
足し算すると考えれば簡単ですよね。

税抜き価格+税額=税込価格
 

これを暗算する場合にもコツがあります。

①左側から計算する
学校では筆算で計算してきた為
1の位(右側)から計算するよう
教えられてきました。

でも暗算の場合は逆に
左側(大きい位)から計算した方が
早く計算出来ます。
 

②位を小さくして計算する
例えば税抜き35500円の税込価格を
求める場合。

  • 税抜き価格:35500円→355円
  • 税額:3550円→35.5円

と、位を2つ減らして小さくすると
355+35.5=390.5
となるので(ココも左側から計算)
あとは位を2つ戻して
39050円にします。
 

消費税10パーセント計算のまとめ

今回は消費税10%時代の計算について
様々な考察をしてみました。

計算の仕組みは分かりましたか?
 

私も計算が非常にニガテです。
超が付くほどニガテです。

でも少しずつ解き明かしていくと、
必ず分かるようになりました。

ぜひ諦めず、
じっくりと取り組んで欲しいと思います。

スポンサードリンク

-問題解決, 家電
-,