最新お役立ち情報.com

最新のトレンド情報、生活に役立つ情報をご紹介します

follow us in feedly

TV イベント、祭り おでかけ テーマパーク 乗り物 健康・美容 家電 食品

2019年ヒット予測ランキング。これから流行るものはコレ

2018/12/07

2019年ヒット予測ランキング。これから流行るものは何?

管理人のホリウチです。

前回の記事では2018年のヒット商品を
ご紹介しましたが、
今回は2019年のヒット予測を
してみたいと思います。

 

元号も新しく変わりますし
消費税も上がります。
国内外から新しいサービスや商品が
誕生するようで、
日本中が大きく変わる予感です。

本当に2019年は
大きく変わりますよ。

 

と言うわけで今回は、
日経トレンディで発表された
2019年ヒット予測をご紹介しつつ、
私ホリウチの独断と偏見による
2019年ヒット予測も発表したいと
思います。
 

スポンサードリンク

日経トレンディ2019ヒット予測ランキングはこれ

それでは、
日経トレンディ発表による
2019年ヒット予測を30個ご紹介します。
 

1位:デカトロン&ワークマンプラス
デカトロンはフランス発の
スポーツ用品メーカー。

世界で1500店舗展開していて
2019年に兵庫県西宮市の
阪急西宮ガーデンズに出店して
日本上陸します。

ワークマンプラスはご存知
作業着専門店ワークマンの
一般客向け店舗。

東京都立川市のららぽーと立川立飛
にて出店が開始します。

どちらも自社商品の大量製造により、
低価格で販売されることが特徴。
 

2位:新元号フィーバー
2019年5月1日に新天皇即位により、
新元号へ変更されます。

5月のゴールデンウィークも10連休に。
皇室行事も続き、記念コイン発行と
様々なイベントが開催されます。
 

3位:誠品生活
2018年ヒット商品の記事でも紹介した
タピオカミルクティー。
この台湾ブームに乗り2019年秋、
コレド室町に誠品生活がオープンします。

アジアで最も優れた書店と言われ、
書籍、雑貨、多数開催されるイベント
などなど幅広く文化を発信する
進化型の書店になる模様です。
 

4位:日本版Amazon Go
レジの無い無人店舗Amazon Go。
この無人店舗の流れが2019年日本でも
加速しそうです。

米国スタートアップ企業の
Standard Cognitionが
岩手県の薬王堂 仙台泉館店にて

2019年半ばに実証試験を行います。

JR東日本も赤羽駅で実証店舗があり、
イオンやGUなどでも無人レジは
既にありますよね。

また中国で普及している
自動販売機型の無人販売機も
今後日本でも普及してくるようです。
 

5位:ヒプノシスマイク
男性声優によるラップバトルCD。

実際のラッパーが楽曲提供しているため
クオリティーが高く、
CD封入の投票用紙でバトルの優劣を
投票出来るなどファンとの連携が
強いのも特徴です。

2019年はCD発売に留まらず、
スマホゲームやコミック化が
予定されており、さらに盛り上がりを
見せそうです。
 

6位:渋谷スクランブルスクエア
渋谷駅周辺で再開発される高層ビル。

最も高い230mの屋上には展望デッキ
なども作られて、人気の商業施設が
誕生する事になります。

さらに2019年の秋には渋谷パルコ、
東急プラザ渋谷も復活してオープン
など、渋谷駅周辺へ人の流れが
加速しそうです。
 

7位:アレクサオート
スマートスピーカーで知られる
AmazonEco。
これが自動車に組み込まれます。

既にグーグルやアップルは
自動車で使えるAndroid auto、
Apple Car Playなどがありますが
自動車でもアレクサ!と声をかければ
ナビや家の家電を操作することが
可能になります。

後から追加で取り付けが出来る
「Echo Auto」も
米国で発売されたので、
こちらの日本発売も時間の問題でしょう。
 

8位:ムンク展
叫びで有名なノルウェーの画家
エドヴァルド・ムンクの回顧展です。

東京都美術館で
2018年10月27日〜2019年1月20日
の期間で開催されます。

そしてもう一つの注目はコラボ。

ピカチュウ、BEAMS、湖池屋、
LUPICIAなど有名どことムンク作品の
コラボが買えるのもこの展覧会の
特徴です。
 

9位:オキュラスGo&クエスト
家庭用VRヘッドセットのオキュラス。

低価格のGoが既に発売されていますが
2019年春にはハイエンドモデルの
Oculus Quest(オキュラスクエスト)
発売されます。

ハイエンドでありながら5万円以下
の価格で発売されると予想され、
パソコン不要でも使える便利さなどで
2019年はVRが更に普及すると
言われています。
 

10位:ハリー・ポッターウィザーズ・ユナイト
ポケモンGoのハリーポッター版
AR系ゲームが2019年発売します。

町中でAR技術を使って仲間たちと
魔法を使うようなゲームになるようで、
ポケモンGo以上のヒットになりそうです。
 

11位:オーダーしみかくシート
個人各々の肌に合わせたコスメが
流行りそうな予感です。

例えばパナソニックの
スノービューティーミラー
&メイクアップシート。

シミを隠すシートのことで、その人に合った
モノを印刷して肌に貼り付けて使います。

また資生堂では、
Optuneという製品を開発。
スマホで撮影した画像を元に、
その日の肌の調子に合った美容液が
調合されて出てくるというものです。

まだ市販は難しいかもしれませんが、
TVに出るような女優や女子アナが
使うようになるかもしれませんね。
 

12位:カップ冷凍メシ
今まで冷凍食品は袋入りで、
家に持ち帰ってレンチンするものでした。

それをセブンイレブンでは、
カップ容器に入れて
店舗で温められるようにしました。

この結果
テスト販売した仙台の店舗では、
冷凍のチャーハン、ピラフが
5倍の売り上げの伸びとなりました。

冷凍であれば保存期間も伸びて
無駄な食品廃棄も減るし、
この流れは他のコンビニ各社も
追随するでしょう。
 

13位:スターバックス リザーブ ロースタリー
東京都の中目黒にオープンする
新しいタイプのスタバ。

今までのスタバに比べて大型の店舗で、
和のテイストを活かしつつ
スタイリッシュな雰囲気の店内に
なるようです。

最近はスターバックス以外にも
様々なカフェがオープンしていますからね、
カフェ文化を根付かせた
立役者の巻き返しに注目です。
 

14位:モバイルバッテリーシェア
読んで字の如く、
バッテリーをシェアするサービス。

特に急拡大しているのが、
株式会社INFORICHの
「チャージスポット」です。

初回1980円(税抜き)の保証金を預ければ
1時間100円、その後は48時間で100円と
格安でバッテリーレンタル出来ます。
しかも返却は好きなチャージスポットに
返せばいいので便利。

まだ東京都内や神奈川、千葉の一部のみ
チャージスポットがあるだけなので、
これから全国展開となります。
 

15位:プログラミング魔法学校
ディズニー映画を舞台にした
プログラミングのオンライン学習教材。

数種類のプログラミング言語に加え、
ゲーム制作、ウェブデザインなども
1年間のカリキュラムで飽きずに
学ぶことが出来ます。

価格は128000円(税抜き)ですが
月1万円弱と考えると、
そんなに高い教材ではないと思います。

20年度に小学校、21年度から中学校で
プログラミング教育必修化なので、
徐々に盛り上がるカテゴリーでしょう。
 

16位:AI丸投げツアー
旅行のプランを決めるのは楽しいですが、
急に休みが出来た時とか、
ふと旅行に行きたくなった時に
便利なのがコレ。

AIが旅行ブランを紹介してくれる
というものです。

例えばDeapsという旅行系SNSでは、
あなたの趣味嗜好などをAIが理解、
あなたに合った観光スポットなどを
教えてくれるというアプリもあります。

これはいずれ旅行チケットの予約など
発展する予定です。
 

17位:抗・尿酸値ドリンク(アンセリン)
痛風患者の増加に伴い、
尿酸値上昇を抑制する効果がある
アンセリン配合の食品が2019年に
登場する予定です。

既に焼津水産化学工業が
マグロやカツオのエキスから
アンセリンを抽出する技術を確立。

食品メーカーからの発売待ちという
状況まで来ています。
2019年はアルコールを飲まれている方が
アンセリン配合食品を摂取するように
なることでしょう。
 

18位:エクストリームキャンプ
2018年はソロキャンプやゆるキャン△
の影響でキャンプ人口が増えました、

2019年はよりニッチな場所にキャンプしたい
人達向けのサービスが盛り上がりそうです。

Ex CAMPはキャンパーと
キャンプ地を提供する人を
マッチングさせるサービスで、
今までのキャンプ場ではない所で
キャンプで場所を探せます。

カーステイというサービスは、
車中泊する人と空き地を持っている人を
マッチングさせるサービス。
なかなか見つからない車中泊可能な場所を
手軽に見付けられるサービスです。

宿泊場所のシェアはエアビから始まり、
キャンプ・車中泊へと広がるようです。
 

19位:スマスピロボ
2018年はスマートスピーカーが
各社から発売されて流行しましたが、
いよいよコミュニケーションだけでなく
家電操作なども出来るロボットが
発売されるようです。

LGのCLOi、
GROOVE XのLOVOTなど
より人や動物などの形に近いAIが
2019年は登場するでしょう。
 

20位:A380ハワイ
いよいよANAのA380が2019年春、
東京〜ホノルル路線に就航します。

総2階建て旅客機であるエアバスA380。

エコノミークラス、
プレミアムエコノミー、
ビジネスクラスなど
各クラスの座席を大幅増やし、
さらに東京〜ホノルル間初の
ファーストクラスが設定されます。

これに伴いホノルル空港には
自社ラウンジも新設されて、
より利便性が高まるようになります。
 

21位:まるで青空ライト
自然光のような照明のことで、
各社がこの市場に参入するようです。

イタリアのコールクス社の照明は
本当にスゴイです。
実際にホームページを見て頂くと
よく分かるんですが、
見た目はほとんど天窓です。

天窓から青空や太陽光が
降り注いでいるように見えます。

バルミューダ、ダイソンは
太陽光に近い色温度の照明を
発売していますし、
三菱電機も間も無く商品化する
予定となっています。

地下空間や日が入りにくい北側の部屋の
ライティングなど様々な応用が
出来そうです。
 

22位:着る健康診断
アップルウォッチのような
ウエアラブル機器が血圧や脳波などを
測定出来る商品が発売されそうです。

実際にアップルウォッチは2019年にも
日本国内で心電図計機能を利用出来る
見込みとなっています。
 

23位:ゴーストレストラン
店舗を持たない飲食店のこと。

デリバリーを主とするもの、
フードトラックも増えており
流行する予感です。

またいわゆる箱モノだけ用意して、
シェフが使いたい時にその場所を
オープンさせるような
店舗シェアサービスも生まれる予定です。
 

24位:Oicy
クックパッドが販売する調理家電。
ネット経由でレシピを読み込ませて
調理させる家電です。

2018年の段階ではまだ調味料を
調合することしか出来ませんが、
最終的には食材のカットから調理、
料理が完成するところまでを
全自動化したい考えです。

私個人的な意見でいうと、
個人利用よりも
飲食店舗などでの利用ニーズが
結構ありそうです。

この調理器具があればワンオペも
可能になるでしょうし、
人件費削減や無駄な食材ロスも減るので
経営者は間違いなく欲しがるはず。
 

25位:ARボルダリング
五輪開催に向けボルダリングが
盛り上がる予感です。

壁面に映像を投影して、
登る人の動きに合わせて
その映像が変化する、ゲーム感覚の
ボルダリングが人気を呼びそうです。

既に国内でも数台が稼働していますが、
2019年には100台が導入、稼働予定です。
 

26位:FLIGHT OF DREAMS
ボーイング787が常設展示されている
飛行機をテーマにした商業施設。

中部国際空港にあり、
グッズやグルメが揃うエリアで
構成されています。

2019年にはLCCターミナル、
愛知国際展示場もオープンするので、
このエリアが更に盛り上がること
間違いありません。
 

27位:ルビーチョコレート
ピンク色のチョコレートですが、
イチゴ味ではない。

ルビーカカオ豆から作られる
チョコレートは、新たなジャンルの
チョコレートになりそうです。

既に商品化されている物もあり、
2019年には更に商品展開が加速する
予感です。
 

28位:溶けないアイス
イチゴポリフェノールを使用して
40度の気温でも30分は溶けない
アイスクリームのこと。

金座和アイスが発売している
このアイスは、
2019年には全国の観光地、
テーマパークなどで販売される
見込みです。
 

29位:ムーミンの森
2019年3月16日に
埼玉県飯能市宮沢湖にオープンする
ムーミンを題材にしたテーマパーク。

名称はムーミンバレーパークで、
既にオープンしてる商業施設
メッツァの一角にオープンします。

ムーミンカフェも人気なので、
こちらも人気になりそうですね。
 

30位:The Okura Tokyo
2019年9月12日に新たにオープンする
ホテルオークラ東京本館こと
The Okura Tokyo。

オークラヘリテージウイングと
オークラプレステージタワー
からなり、外資系ホテルと
真っ向勝負することになります。

惜しまれながら閉館した
ホテルオークラの復活ですから、
こちらもオープン時は
テレビなどで特集が
組まれることでしょう。
 

スポンサードリンク

ホリウチが考える2019年流行るものは?

それでは
管理人ホリウチが独断と偏見で
2019年ヒットしそうなものを
予測したいと思います。
 

・新海誠 新作映画
2016年公開の「君の名は。」で
大ヒットした新海誠さんが
新作映画を制作しているようです。

雨のシーンが多いようですが、
どんなアニメになるんでしょうね。
いつ公開か情報が入ってきていませんが、
2019年には・・・観たいですね。

またハリウッドでは「君の名は。」の
実写版が公開されるようです。
 

・アナと雪の女王2
2014年に公開されて大ヒットとなった
アナ雪。
いよいよ2作目が2019年11月27日に
アメリカで公開するようです。

もしかすると日本公開は2020年初頭
になるかもしれません。
前作は大ヒットだっただけに
2の内容が気になりますね。
 

・QRコード決済
QRコードをスマホで読み取ることで
支払いが完了するQRコード決済。
2018年に各社がサービスインしました。

2019年には使える店舗が増えて
どこのお店でも普通に使えるように
なるんじゃないでしょうか。

特に2019年5月にサービス開始が
噂されている、
セブン&アイホールディングスが
展開する「セブンペイ」も
市場拡大を率先しそうです。
 

・LINE Bank
2018年11月27日にLINEと
みずほフィナンシャルグループが共同で
LINE Bankを設立することを発表しました。

実際の開業は2020年になりそうですが、
これでLINEを使った金融サービス、
特に個人向けローンの申し込みや
決済サービスの強化がなされそうです。
 

・コンビニコーヒーでカフェラテ
ファミリーマートの
新型コーヒーマシンでは、
ドリップタイプのコーヒーだけでなく
カフェラテも提供出来るように
なりました。

おそらく他のコンビニ各社も
この流れに追随して、カフェラテが
提供されるんじゃないでしょうか。

また夏はフラッペをファミマが提供して
これもかなり売れました。
コンビニフラッペも2019年は
流行りそうです。
 

・ライブコマース
もう今ではYouTuberは当たり前、
Tik Tokや17Live、LINE LIVEも
流行っていますよね。

実は中国では個人が生配信しながら
商品を販売するライブコマースが
かなり流行っているようです。

個人配信のショップチャンネル
みたいな感じですね。

既に日本でもLive Shop!のような
企業や店舗がメインで
配信しているところから、
メルカリチャンネルのように
個人が手軽に配信して
商品を販売するサービスもあります。

2019年はライブコマースが爆発的人気に
なるかもしれませんよ。
 

・自衛隊のライフハック
2018年は日本全国で災害の多い
年でした。
自衛隊の方々の活躍がTVでも放送されて
いましたね。

そんな2018年8月に発売された
「自衛隊防災BOOK」が20万部以上の
大ヒットとなりました。

更に自衛隊ではyoutubeに
自衛隊LIFEHACK CHANNELを
開設していて、なかなか面白いです。

2019年は自衛隊に関する何らかの
商品が更に発売されるのでは
ないでしょうか。
 

・ホンダ新型EV車
ホンダは電気で動くEV車を
2019年3月頃発表するようです。

まず欧州で受注、発売の見通し。

日本での発表・発売の予定は
まだ聞こえてきませんが、
反応が良ければ日本や中国など
アジア地域での発売もあり得ます。

航続距離250〜300Km程と言われ、
電子ドアミラーや
大型デジタルディスプレイを装備して
未来感のある車なので
日本で発売されれば大きくブレイク
しそうです。
 

・iPhone Ⅺ
予想でも何でもなく既定路線ですが、
2019年9月中旬頃に
ドコモ、au、ソフトバンク
各社から予約開始〜発売になる予定です。

次期型iPhoneはトリプルカメラとなり
充電端子も現行Lightningタイプから
USB Type-Cに変わるのではと
言われています。

また画面サイズは
5.8インチのiPhoneⅪ、
6.5インチのiPhoneⅪ Plusが
発売される見込みです。

現行iPhone XRに変わる
6.1インチiPhoneも登場するのではと
予想されています。
やはりホームボタンは
もう復活しないのでしょうか…。
 

・4K、8K対応テレビ各社発売
2018年12月から4K、8K衛星放送の
放送がスタートします。

衛星放送の方なので地上波の方は
何も変更はありません。

綺麗な映像を見たい人は
対応テレビやアンテナが今後
発売されるので、検討してみては?
 

・ラグビーワールドカップ2019
2019年9月20日(金)~11月2日(土)
ラグビーワールドカップが開催されます。

新国立競技場は建設の擦った揉んだで
完成は2019年11月となっため、
こちらでの開催は断念。

その代わり、

  • 札幌ドーム
  • 釜石鵜住居復興スタジアム
  • 熊谷ラグビー場
  • 東京スタジアム
  • 横浜国際総合競技場
  • 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
  • 豊田スタジアム
  • 東大阪市花園ラグビー場
  • 神戸市御崎公園球技場
  • 東平尾公園博多の森球技場
  • 熊本県民総合運動公園陸上競技場
  • 大分スポーツ公園総合競技場

以上の全国12会場で開催されます。
 

2019年の大きなトレンドは?

最後に2019年のヒット予測
ランキングから、
今後の世の中の大きな流れを
読んで行きたいと思います。
 

【ビックイベント関連の商品・サービスが発表される】

  • 新元号へ変わる
  • 消費税10%
  • ラグビーワールドカップ

などのビッグイベントが2019年は
立て続けに開催されます。

もちろん必ずメディアで
取り上げられるでしょうし、
・4K、8K対応テレビ
のように
それに付随したサービスや商品も
数多く発売されるはずです。
 

【無人化の流れが加速】

  • 日本版Amazon Go
  • Oicy

などの店舗作業や家事の省力化、
無人化の流れも加速しそうです。
 

【動画による販売が一般化】

  • ライブコマース
    (Live Shop!、メルカリチャンネル)

のような、
今までの店舗やECサイトとは違う、
新しい動画による販売方法も
爆発的に人気になりそうです。
 

【決済方法の多様化が進む】

  • QRコード決済
  • LINE Bank
  • 日本版Amazon Go

など、スマホ決済や
新しい決済システムの店舗が
広がる可能性があります。

2019年はいよいよ財布を
持ち歩かないのが当たり前に
なるかもしれません。
 

【シェアの流れが広がる】

  • モバイルバッテリーシェア
  • ゴーストレストラン

などシェアリングエコノミー、
サブスクリプション系のサービスも
増えてきそうですね。

食べ物以外は買い物せず
全て定額性やレンタル・シェアにする、
「超断捨離な人」も増えるのでは?
 

【AIサービスが広がる】

  • アレクサオート
  • AI丸投げツアー
  • スマスピロボ

などA Iを利用した商品やサービスが
更に普及する可能性があります。

面倒な事は全てAIやロボットに
お任せになるかもしれませんよ。
 

2019年ヒット予想のまとめ

今回は2019年ヒット商品を
ランキング形式でご紹介、
そして管理人ホリウチによる
独自の2019年ヒット予想をしました。

2019年は本当に大きなイベントが
目白押しで、
2020年に向けた大きな
足掛かりとなる1年だと思います。

私たちの生活にも大変動が
起こるかもしれません。

この流れに乗り遅れないように
好奇心を持って生活して
行きたいですね。

2018年のヒットランキング30も
書きました。
こちらの記事もご覧下さい。

2018年のヒット商品や家電、曲、映画は何?売れた理由はコレだ

スポンサードリンク

-TV, イベント、祭り, おでかけ, テーマパーク, 乗り物, 健康・美容, 家電, 食品
-, , , , , , ,